本文へスキップ

相続・遺言に特化し、親切なサービスを心がけております。業務範囲は全国をカバーしています。

          

プロフィールPROFILE


代表者


CEO 行政書士
 小島伸介(こじま しんすけ)

 どうぞよろしくお願いいたします。

 ・昭和53年3月24日生まれ 
 ・名古屋大学 経済学部経営学科 卒
 ・三重県行政書士会 登録番号 00219338


ライフストーリー


 
小さい頃から人と接する仕事に興味を持ち、特にサービス業に魅力を感じていました。高校の文化祭ではフリーマーケットを企画・主催し、多くの人に喜ばれる体験を通して、やはり自分には人と接する職業が一番向いていると思いました。

 学業のほうは、「高校だけは出ろよ。あとはお前の好きなようにしたらいいぞ」という父親の言葉にあぐらをかき、高校入学後2年間は全く勉強をしませんでした。当然ながら成績はどんどん落ちてゆき、高校2年生の冬、ついにテストの成績は学年で最下位になりました。自分より下にはもう誰もおらず、友達にもかなりバカにされました。

 その時、父が怒らずに「ワッハッハ!ここまできたら、あとは上に上がるだけやなぁ〜」と言ったことをきっかけに、それならがんばってみようかと大学受験を始めることにしました。好きなゲームを押し入れにしまい込み、その代わりに受験勉強を面白いゲームと考えることで、苦しいながらも楽しい勉強漬けの一年間を過ごしました。この時に必死で勉強をがんばった経験は今でも生きています。

 あらゆる学部の中でサービス業に一番近いのは経済学部だと勝手に思い込み、大学では経済学部を選択。入学後アルバイトを探す時には、いっぱいお客さんが来る店はどこだろうと考えました。そして、様々な客層がひっきりなしに来るコンビニで働くことにしました。お客さんに叱られる経験も何度かしましたが、色々なタイプの人たちと接することができたのは大きかったと思います。やがて4年生になり、卒論テーマには所属ゼミの方針とはかけ離れた「コンビニ」を選びました。

 そのころ、そんな私にでも自営サービス業ができる行政書士について教えてもらい、その仕事に大変興味を持ったため、またも猛勉強することになりました。「仕事をするなら行政書士しかない!!」と考えていたので、就職活動は一切しませんでした。大学の教授からは「1社も面接受けずに、もし試験に落ちたらどうするんだ!」と心配されました。

 そうした背水の陣で行政書士の試験を受けましたが、なんとか合格することができました。ちなみにその年は当時の歴代最低合格率(三重県2.7%)だったそうです。

 私の大学卒業時、父親は桑名市にある建設会社の社長をしていたので、私も当然その会社に入るだろうと親族は思っていました。それでも、迷わず行政書士の道へ進みました。

 ありがたいことに、お客様から「話しやすい」とよく言っていただきます。親身になってサービスに努め、最後にお客様に喜んでいただけた時、この職業を選んで本当に良かったと感じております。

事務所方針



 
詳しくは、トップページ下部の「小島事務所 10の特徴」をご覧ください。

好きな言葉


「Go the extra mile」


直訳すると「さらにもう一マイル行きなさい」ですが、
本来の意味は「求められた以上の努力をする」
「期待された以上のあとひと頑張りをする」という意味です。

結果として、相手も自分もさわやかな気持ちになることができます。

経歴

1978年
三重県桑名市に生まれる
1990年
桑名市立益世小学校 卒業
1993年
桑名市立明正中学校 卒業
1996年
桑名高校普通科 卒業
2000年
名古屋大学経済学部経営学科 卒業
2000年
小島行政書士事務所 開業 
2013年
結婚

趣味


・フォークギターの弾き語り (ゆず・昭和の曲、特に阿久悠作品が好きです。)

・囲碁 (訪問相談後に手合わせをしていただくこともあります。初段レベル。)

・トランプ手品 (持ちネタは少ないですが、多くの方がビックリされます。)

・ラーメンの食べ歩き (至福の一杯のためなら遠方にも喜んで行きます。)

・笑うこと (NHK爆笑オンバト桑名大会の審査員をしました。)

・国内外旅行 (オーストラリアのシドニーに2年間留学、両親は長野県安曇野に在住。)




小島行政書士事務所
三重家系図サービスセンター

〒510-0851
三重県桑名市西別所1552-3