本文へスキップ

相続・遺言に特化し、親切なサービスを心がけております。業務範囲は全国をカバーしています。

          

家系図の作成SERVICE


今なぜ家系図がブーム?


○○○○○○○○イメージ
家系図を作られた方のきっかけ

・自分のルーツを探すため
・先祖の情報を知りたい
・親へのプレゼント
・結婚記念
・子どもや孫の出産祝い
・遠い親戚から話を聞きたい
・相続や遺言の資料として


 皆様さまざまなきっかけがあって家系図を作られますが、
「作ってみて本当に良かった」と言って下さいます。


家系図っていったいどんなもの?


○○○○○○○○イメージ


当事務所作成の家系図がお客様に大好評!

日本各地の方からご依頼がありますが、
ほぼすべてのお客様が江戸時代までたどれています。

小島事務所では3種類のタイプをご用意しています。
下記のイメージサンプルは小島家のものです。



1家系・・・1つの名字をたどります。

○○○○○○○○イメージ


 1家系 拡大イメージ 

自分の名字を可能な限りたどっています。

7代前(約250年前)までさかのぼることができました。






2家系 ・・・2つの名字をたどります。
        親の両親、自分と配偶者の父親など。



○○○○○○○○イメージ


 2家系 A 拡大イメージ 

父親の両親(父方の祖父母2人)をたどっています。








○○○○○○○○イメージ


 2家系 B 拡大イメージ 

母親の両親(母方の祖父母2人)をたどっています。

1家系よりもかなりボリューム感がありますね。






4家系 ・・・4つの名字をたどります。
        両親の両親、自分と配偶者の両親など。


○○○○○○○○イメージ
 4家系 拡大イメージ 

上記の2家系A+2家系Bの合計4人の祖父母を
たどっています。

人物名が多く、見ごたえのある家系図になります。



家系図作成コースについて


標準コース○○○○○○○○イメージ

戸籍の代行取得・読み取り作業から家系図作成までを
すべて一括でおこなうコースです。

家系図は生没年・続柄を入れて、大型
A3サイズで作成。

お渡しするもの
・家系図(高級和紙・スタンド可能なフレーム入り)
・取得したすべての戸籍のファイル
・西暦和暦一覧表
・家系図のデータCD(ご自身で情報の追加・変更・印刷などしていただけます)

1家系  48,000円

2家系
  78,000円

4家系
 168,000円
(4家系親族全体図1枚+生没年入りの2家系2枚)



家系譜コース


上記のコースに加えて、「家系譜」と呼ばれる人物情報リストを作成します。

家系譜には、一人一人の氏名・父母・旧姓・生没年月日・出生地・死亡地・結婚・離婚・養子縁組・転籍・分家・家督相続などの情報を、読み取りが可能な限り掲載します。

また家系図には、生没年・続柄以外にも追加情報を記載します。
(上記サンプルイメージはこちらのタイプです)

お渡しするもの
・家系図(高級和紙、スタンド可能なフレーム入り)
・家系譜
・取得したすべての戸籍のファイル
・西暦和暦一覧表
・家系図と家系譜のデータCD(ご自身で情報の追加・変更・印刷などしていただけます)

1家系  68,000円

2家系
 108,000円

4家系
 228,000円(4家系親族全体図1枚+詳細情報入りの2家系2枚)



徹底調査コース

上記のいずれかのコース完了後、戸籍以上の情報を得るために追加調査をおこないます。
現地に出向いて周辺の調査をし、遠い親族候補の調査もいたします。また、図書館や資料館などにある文献史料・地図などを徹底的に調べます。最後に「調査報告書」をお渡しいたします。ご希望に合わせた調査となるため、見積りをしてからの着手となります。

小島家も戸籍だけでは幕末までしかさかのぼれませんでしたが、戸籍以上の調査によって7代前の江戸中期までたどることができました。

一般の方には到底できないような専門家ならではのノウハウを数多く持っていますので、安心しておまかせ下さい。




オプションコース

「どうしても美しい表装にしたい!」という方のために、家系図を作成した後、
提携業者による表装を別途承ります。見積りをご覧になった上でお考えください。


○○○○○○○○イメージ
・特殊インクによる印刷巻物(桐箱付き)
・書道家による毛筆巻物(桐箱付き)
・掛軸(桐箱付き)
・小冊子(高級和織布)



桑名藩について


○○○○○○○○イメージ江戸時代、桑名藩(現在の三重県桑名市)は東海道唯一の海路の港があり、伊勢の国の玄関口でした。

陸路でないゆえに多くの旅人が桑名で足止めをさせられ、そのため桑名藩は大きな宿場町として栄えました。江戸時代後期には宿屋(旅籠屋)が120軒もあったとか。 小島家の本家は今も旧東海道沿いにあるのですが、当時は宿屋を営んでいたそうです。

陸上での行き来が少なかったため、桑名はいつしか日本の東西の境界になり、
今でも、言葉や食文化などで東西の境界になっています。


小島事務所は桑名の歴史に興味を持っており、江戸時代当時の地図の写しをいくつか所有しています。すべて実物大サイズなので、かなりの迫力があります。
相談前にお申し付けくだされば、喜んで現物をご持参いたします。

文政年間桑名市街之図(明治45年)・・・桑名城の城下町の様子がよくわかる特大地図

桑名領絵図(寛政5年)・・・桑名、いなべ、四日市、鈴鹿から愛西までの広域地図

渡海路絵図(文政8年)・・・江戸時代の貴重な航路図

桑名領距離図(江戸時代)・・・桑名、いなべ、四日市の区間距離を示す実用地図

桑名寺町付近之図(幕末)・・・有名な商店街が現在もある寺町周辺の詳細地図


マスコミ掲載記事


桑名市地域情報紙 クワナビミユ 2010年7月号

○○○○○○○○イメージ



小島行政書士事務所
三重家系図サービスセンター

〒510-0851
三重県桑名市西別所1552-3

プライバシーポリシー - 相続・遺言・家系図 おまかせください!