本文へスキップ

相続・遺言に特化し、親切なサービスを心がけております。業務範囲は全国をカバーしています。

          

遺言の作成SERVICE


終活と遺言


「就活」「婚活」に続き、最近は「終活」という言葉を耳にするようになってきました。「終活」とは、人生の終わりの部分をより良いものにするための準備活動、のことです。

以前の日本では、お年寄りを当然敬う社会ルールがあり、さらに地域社会の強い結びつきもあったおかげで安定した老後が保障されていました。また、今ほど平均寿命は長くありませんでした。

しかし状況は変わりました。お年寄り中心社会ではなくなった上に、世界一の長寿国となった日本では老後の生活がとても長くなりました。葬儀方法や財産の分け方も多様化しています。そこで「終活」が必要となってきました。単なる”余生”ではなく、自分らしく充実した老後を送るために、あらかじめ準備をしなければならなくなったのです。

「終活」の具体的な内容は、生きがいを持つこと・財産分与・医療や葬儀の方法を決めること・身辺整理をすることなどが挙げられます。とりわけこの財産分与に欠かせないのが「遺言」の作成なのです。

よくあるご質問



○○○○○○○○イメージ
・遺言を書くと、どんなメリットがありますか?

・遺言を書きたいです。どのように書けばよいですか?

・財産が多くあるわけではないですが遺言は必要ですか?

・故人の遺言書が出てきました。どうすればいいですか?

・大切な家族への気持ちを遺言に書くことはできますか?



それぞれの状況やご希望により回答は大きく異なります。


どうぞ遠慮なくご相談ください。

このような方には特に遺言が必要!


・自分の思い通りに財産を分けたい人
 
 
例)家を継ぐ子にたくさんあげるなど、自由な配分が可能です。


・相続権のない人にお礼をしたい人 
 
例)子どもの配偶者、兄弟姉妹、孫、友人、法人などに遺贈できます


・再婚している人 
 
例)同じ相続権を持つ先妻の子と後妻の子で争いになる場合があります


・子どもがいない人 
 
例)相続人の数が多くなりがちで、疎遠な親族間でのトラブルが頻発しています


・子どもがそれぞれ家庭を持っている人 
 
例)子ども同士は仲が良くても、配偶者が相続に干渉することがあります。


・不動産などの分割しにくい財産がある人 
 
例)家や土地の管理を誰がするのか決めておくなら、問題を予防できます。


・音信不通の相続人がいる人 
 
例)遺言がないと遺産分割協議が必要となり、全員の同意が取れないかもしれません


・家族にできるだけ負担をかけたくない人 
 
例)財産が多くても少なくても、遺言を残すなら遺族の負担を減らせます。



「遺書」と「遺言」の大まかな違い


      
遺書                  遺言

遺書の多くは亡くなる直前に書くもの   遺言はまだまだ元気なうちに書くもの

遺書は法的に効力がない私的文書     遺言は法的に有効な公的文書

遺書の目的はメッセージを伝える事    遺言の目的は相続を円滑にする事

遺書は自分自身を表現するもの      遺言は家族への思いやりの表現

遺書は残念な気持ちを伴うことがある   遺言を書くと自分も周りも安心する

○○○○○○○○イメージ


遺言は”遺書”ではありません。
遺言を書くことは”縁起が悪い”ことでもありません。
むしろ「自分は家族のために今できることをした」という安心感を持つことができます。遺言を
ご家族への愛情のこもった手紙と考えてみてください。




料金について


○○○○○○○○イメージ公正証書遺言おまかせパック 

  128,000円

公正証書遺言作成完了までの一切の業務をおこないます。
親身になってじっくりとお話をお聞きし、
面倒な手続きはすべてこちらでいたします。

まず様々な必要書類を各役所から当方にて取り寄せ、
相続人リスト・財産リスト・親族関係図などを作成。
遺言内容を何度も相談しながらさらに良いものにしてゆきます。
公証人とも事前打ち合わせをし、より確実な遺言にします。
遺言作成当日は、秘密厳守の立ち会い証人2名が同行します。
公証役場への手数料は直接お支払いください。



 公正証書遺言にするメリットは?

・自筆遺言では必要となる裁判所での検認手続きが不要です。
・銀行や不動産などの手続きがかなりスムーズになります。
・公証役場で保管されるため安心です。紛失や偽造の心配がありません。

・身体がかなり衰えていても、都合の良い場所で口頭で遺言を作ることができます。





○○○○○○○○イメージ自筆遺言起案サポート

 48,000円

自筆遺言作成完了まで継続的な作成指導をおこないます。

せっかく作った遺言も法的に無効になってしまっては意味がありません。なにかと不備があることの多い自筆遺言ですから、参考としていただける文案をご提供し、記入内容をチェックいたします。
また、重要となる保管方法のご説明をおこないます。


 
自筆遺言のメリットは?

・いつでもすぐに作成できます。
・何度でも簡単に書き換えができます。






 遺言作成の他に、エンディングノート作成、遺言の保管なども承っております。
 あなたの希望されることをご相談ください。





小島行政書士事務所
三重家系図サービスセンター

〒510-0851
三重県桑名市西別所1552-3